パルティスTOP > パルティス コースラインナップ > Microsoft Access(マイクロソフトアクセス)を使おう


Microsoft Access(マイクロソフトアクセス)を使おう

出来る事

  • 膨大なデータ管理
  • データ抽出
  • 入力フォームの作成
  • 印刷物の作成
  • データベースシステムの構築
マイクロソフトアクセスを使おう

活用事例

Microsoft Access(アクセス)はデータベースソフトです。
膨大なデータを管理することが出来、適宜必要なデータの抽出や印刷物の作成が出来ます。
企業ではオリジナルの管理ソフトが導入されていることが多いですが、アクセスは個人ユーザーが管理システムを作成することが出来るソフトです。
システム構築という部分では少し難易度が高くなりますが、エクセルなどで出来ないことなど解決できることが多いです!

Access講座ではこんな操作が身につきます

  • テーブル作成
  • クエリ(抽出データ)作成
  • 入力フォームの作成
  • レポート(印刷物)作成
  • リレーションシップ
  • 集計・関数の作成
  • メイン・サブフォーム
  • コマンドボタンの作成
  • アクションクエリ
  • メイン・サブレポート
  • クロス集計表の作成
  • マクロの作成

Accessではこんな質問が多くあります!(Q&A)

Q.アクセスとエクセルは何が違うんですか?
A.アクセスは、データ管理に適したソフトです。何万件というデータなどは、エクセルで処理をすると時間がかかったりフリーズしたりしますがアクセスでは問題なく処理ができます。
エクセルにもデータベース機能がありますので、関連性はありますね。

パルティスのレッスン

少人数制の「個別指導」となります。 お一人様ごとにインストラクターから内容のご説明を致します。 自分のペースで進められるので安心です!是非、一度体験レッスンにお越しください!
パルティスの個別レッスン

  • 無料体験レッスン申込み
  • 資料のご請求はこちら

  • 無料体験レッスン申込み
  • 資料のご請求はこちら
  • メールでのご相談・お問い合わせ

  • パルオのリポーター通信
  • Q&A パソコンhowto
  • スタッフ紹介
  • パソコンの資格って?
  • 受講生アンケート

ページTOPへ



Copyright(c)2014 Flexjapan All rights reserved
  • FlexJapan
  • イデア